石巻フードツーリズム研究会とは?

石巻ならではの「食・食文化・地域資源」を生かした地域活性化策の開発し、地場産業の復興・発展を目指しています

宮城県石巻市には、都市や他地域にはない食や食文化、地域資源が存在しています。本研究会は、地域のオリジナリティを生かした産業復興ソリューションを開発するために企業・商工会議所・観光事業者・大学などが相互に連携し、設立した民間主体による団体です。

おすすめの「食」

石巻おでん

明治時代から受け継がれてきた練り物とぼたん焼ちくわの製造技術。本研究会では、練り物の文化と港町の「だし」を生かしたおでんの開発と普及活動を推進しています。

石巻お茶菓子

流し焼をルーツに持つ「ちゃきん」。モッチリしっとり系の「がんづき」。戦後、当地に根付いた「ボストンパイ」。本研究会では、地域の郷土菓子を生かした「まちづくり」活動を推進しています。

石巻・飯野川発サバだしラーメン

東日本大震災後、石巻市飯野川地区の食文化である「サバだし」を生かし、産学・異業種連携体制で開発したご当地ラーメンです。

イベント情報

石巻おでん具材直売会

毎月第3土曜日、石巻市魚町のカクト鈴木商店で石巻おでん部会会員企業による直売会を開催しています。お客様には月替わりで季節のおでんをお振る舞いしています。

JR東日本「駅からハイキング」

JR東日本「駅からハイキング」の企画として、石巻の産業をテーマとしたツアーを春と秋の時期に開催しています。

石巻おでんアイディア料理コンテスト

石巻の練り物を生かした新しく斬新な料理を発掘するために、秋のシーズンにアイディア料理コンテストを開催しています。