石巻おでん

石巻の練り物の歴史は、明治27年に端を発します。また、石巻が発祥の地とされる「ぼたん焼ちくわ」は、明治37年から生産が開始されました。石巻おでんプロジェクトでは、石巻の地で育まれ、継承してきた練り物の文化を生かしながら、新しい当地の味を創造することを目指しています。

石巻お茶菓子

石巻には、流し焼をルーツに持つ「ちゃきん」、モッチリしっとり系の「がんづき」、戦後の昭和20年代に洋菓子普及指導員によって伝えられた「ボストンパイ」という郷土菓子が存在します。石巻お茶菓子プロジェクトでは、石巻の製菓業界の活性化に寄与するため、石巻の郷土菓子のプロモーションをはかるとともに、現代的なニーズに基づく新しいスイーツの開発を目指しています。